選ぶ・使うコンタクトレンズガイド 

知らないと危ないんですコンタクトレンズの使い方は!コンタクトレンズがあなたの目を傷つけていませんか?

サイトマップ

コンタクトレンズの歴史

コンタクトレンズのルーツはレオナルド・ダ・ビンチが発見したものだと言われています。



1508年、彼は休憩の容器に水を満たし、眼を開いている状態で浸しているイラストを使って、視力矯正効果があるのではと論じたことが記録に残っています。

ダ・ビンチが発見して以来、およそ440年の歳月を経て、ポリメチルメタクリレート(PMMA)を素材とするハードコンタクトレンズが開発されたのは1940年代のことです。

それ以前に、ガラス素材のハードコンタクトレンズがありましたが、加工が困難だったこともあって一般的に普及するまでのものではありませんでした。

旋盤による切削加工が可能なハードコンタクトレンズ用プラスティック材料(PMMA)の開発により、コンタクトレンズ産業として新たな歴史が始まったのです。

PMMA素材の登場により、ハードコンタクトレンズ(HLC)が一般に普及しました。

同時にHLCのさまざまな問題も明らかになりました。

慣れるまでに時間が掛かることや1日の装着時間に限界があること、様々な自覚症状によっては使用できない、角膜障害が生じることもあり得る。

などです。HLCのPMMA素材が酸素を全く透過せず、角膜の代謝が出来ないことが原因であったと判明しています。

その後、ハードコンタクトレンズでありながら酸素を透過する素材が次々に開発され、現在はシリコンとフッ素共重合体素材の高い酸素透過性により、連続装用が出来るようになったのです。

1960年にはチェコスロバキア科学アカデミー高分子科学研究所教授のオットー・ビヒテルレ博士のグループが科学雑誌の「ネイチャー(Nature)」に、架橋結合した親水性重合体に関する研究報告を発表した内容は、ハイドロジェルのコンタクトレンズの製造への応用に関するものであり、新しいソフトコンタクトレンズが誕生するきっかけとなりました。

この技術が1965年にアメリカへ渡り、ソフトコンタクトレンズの開発が行われた結果、1971年にアメリカではじめてのソフトコンタクトレンズが発売されました。

1981年になると連続装用も認められるようになりました。

水を含んだ材質であるために柔らかく、酸素透過性もあり、装用感も良好なソフトコンタクトレンズは各国のレンズ普及率を飛躍的に向上させる役目を果たしたのです。

メガネの真実【危ないレーシックやコンタクトの実態と本当のメガネの快適性を老舗メガネ屋・3代目が語る】
コンタクトレンズ
コンタクトレンズのトラブル急増
コンタクトレンズは高度管理医療機器
コンタクトレンズは身体の一部
コンタクトレンズ販売店の安心
はじめてコンタクトレンズ
コンタクトレンズのトラブル急増メリット・デメリット
正しい眼科の選び方
コンタクトレンズと目の関係
コンタクトレンズの種類と特徴
コンタクトレンズの歴史
メガネとコンタクトレンズ
屈折異常の矯正
コンタクトレンズの長所と短所
コンタクトレンズ装着
コンタクトレンズを使うなら正しい検査方法を
目は内蔵を映す鏡
目の働きと屈折異常
角膜の働き
コンタクトレンズが合う人合わない人
生活パターンに合せて選ぶコンタクトレンズ
カラーコンタクト
使い捨てコンタクトレンズの落とし穴
使い捨てコンタクトレンズのトラブル
コンタクトレンズの寿命
購入後のアフターケア
コンタクトレンズケアの手抜きは眼障害
定期交換型ソフトレンズ
専門医でコンタクトレンズの処方を受ける
適切なレンズケアを行う
無理なコンタクトレンズ装用を控える
水道水で目を洗わない
目薬の濫用を避ける
定期検査を受ける
コンタクトレンズは医療用具から高度管理医療機器へ
コンタクトレンズの販売許可の導入
コンタクトレンズの購入には眼科専門医の処方が必要
コンタクトレンズの安売りや誇大広告に注意
コンタクトレンズ販売業界の新たな取組
リンク集

20歳の専門学生がネットで毎月10万円稼いでいる方法
為替 金利




選ぶ・使うコンタクトレンズガイド All copyrights 2011 by 小田篤史
Google

当サイトは情報のみを提供するサイトです。当サイトの情報を基にしたことによる損失について、サイト管理者は一切関知致しません。