選ぶ・使うコンタクトレンズガイド 

知らないと危ないんですコンタクトレンズの使い方は!コンタクトレンズがあなたの目を傷つけていませんか?

サイトマップ

コンタクトレンズを使うなら正しい検査方法を

コンタクトレンズの検査には処方前検査と定期検査があります。



処方前検査は新しいコンタクトレンズを選択するために行う眼の検査、定期検査は使用中のレンズと眼の状態を調べるための検査です。

処方前検査は初めてコンタクトレンズを装用するときに限らず、すでに使っている方にとっても処方を受ける目的で受診した時に必要な検査です。

この検査によって、今まで使っていたレンズが眼に合っているかどうかを判断することが出来ます。

また、メガネ店やコンタクトレンズ量販店(リテイラー)で処方を受けた方の中には近視度数の測定や角膜のカーブを調べる簡単な検査で済むと思っている方もいるかもしれません。

しかし、コンタクトレンズによるトラブルや眼障害の予防、快適かつ安全に装用するためには専門家による正確な眼の検査が欠かせません。

この検査を確実に行わないと眼に合わないレンズを選べないどころか、眼障害が発生してしまう確率が高くなります。

一般に、眼科における診察を経て、初めてコンタクトレンズを作る場合の一般的なケースをご紹介しましょう。

■眼の健康状態をチェック!

まず、眼科医で身体や眼の状態を確認します。

眼は全身の健康状態に影響されやすく、また、眼によって全身の健康状態も影響されます。

疲労気味、病気治療中、薬の服用中など、現在の健康状態や眼の怪我、既往症などがある場合も担当医に細かく説明するようにしましょう。

今までにメガネやコンタクトレンズを使ったことある方はその状況も話します。

また、現在使用しているメガネやコンタクトレンズを持参するようにしましょう。

■眼の健康診断

眼科では視力検査、屈折検査、眼圧検査、眼位・眼球運動、視野検査、透光体検査、眼底検査などを行い、視力低下の原因が屈折異常(遠視近視乱視)、あるいは老視(老眼)と判明すれば、メガネ処方の為の検査に移ります。

この診断の際、その人の眼にとってメガネとコンタクトレンズのどちらが適しているのか医学的判断も成されます。

もちろん、本人の意見、ライフスタイルも考慮に入れて選択することになります。


●コンタクトレンズの使用方法による分類

コンタクトレンズは必ず眼科医の指導のもと、正しい使用方法を守るようにしましょう。

その代表的なものを紹介します。

・終日装用レンズ

眼科医の指示に従って一定時間装用した後、夜はレンズを外す装用方法です。

・連続装用レンズ

眼科医の指示のもと、最長1週間以内でレンズを昼夜連続して使用する方法です。

この場合、厚生省から承認を得たレンズを使用することが義務付けられています。

また、希望すれば良いというものでもなく、眼科医のチェックにより連続装用が可能と認められた方のみが装着出来ます。

さらに、眼科医との間で定期検査を受けることを約束する連続装用承諾書を取り交わすことが条件となっています。

連続装用レンズは最長1週間の装用後にレンズケアを行って同じレンズを再び装用するタイプと、一度装用したレンズを捨てて新しいレンズを装用するタイプがあります。

・ディスポーザブルレンズ

レンズのケアをしない使い捨てレンズです。

最長2週間連続して装用出来るレンズ、毎日捨てるレンズ(デイリーディスポレンズ)の2タイプがあります。

・リプレースレンズ

外国で普及している使用方法で、レンズのケアをしながら一定期間(例えば、6カ月、3カ月2ヶ月、1カ月、2週間など)が過ぎたら、新しいレンズに取りかえる方式のレンズです。

●飛行機の中でもコンタクトレンズを長時間つけたままで大丈夫?

国内線など、比較的短いフライトならコンタクトレンズは装着したままで大丈夫です。

しかし、空気が乾燥して気圧が変化する機内では眼に負担が掛かることもあります。

長時間を機内で過ごす場合は仮眠を取る場合も考えて、予めメガネにしておいた方が無難であると言えるでしょう。

●コンタクトレンズは、化粧の前につけた方が良いの?

お化粧はコンタクトレンズを装着した後で行うものです。

なぜなら、レンズを入れる前にお化粧をしてしまうと、化粧品が手からレンズに付着しやすく曇りの原因になるからです。

マスカラなど、油性のものは特に汚れが落ちにくいので注意が必要です。

もしも、化粧品がコンタクトレンズに付着した場合、洗浄液ですぐにこすり洗いするようにします。

メガネの真実【危ないレーシックやコンタクトの実態と本当のメガネの快適性を老舗メガネ屋・3代目が語る】
コンタクトレンズ
コンタクトレンズのトラブル急増
コンタクトレンズは高度管理医療機器
コンタクトレンズは身体の一部
コンタクトレンズ販売店の安心
はじめてコンタクトレンズ
コンタクトレンズのトラブル急増メリット・デメリット
正しい眼科の選び方
コンタクトレンズと目の関係
コンタクトレンズの種類と特徴
コンタクトレンズの歴史
メガネとコンタクトレンズ
屈折異常の矯正
コンタクトレンズの長所と短所
コンタクトレンズ装着
コンタクトレンズを使うなら正しい検査方法を
目は内蔵を映す鏡
目の働きと屈折異常
角膜の働き
コンタクトレンズが合う人合わない人
生活パターンに合せて選ぶコンタクトレンズ
カラーコンタクト
使い捨てコンタクトレンズの落とし穴
使い捨てコンタクトレンズのトラブル
コンタクトレンズの寿命
購入後のアフターケア
コンタクトレンズケアの手抜きは眼障害
定期交換型ソフトレンズ
専門医でコンタクトレンズの処方を受ける
適切なレンズケアを行う
無理なコンタクトレンズ装用を控える
水道水で目を洗わない
目薬の濫用を避ける
定期検査を受ける
コンタクトレンズは医療用具から高度管理医療機器へ
コンタクトレンズの販売許可の導入
コンタクトレンズの購入には眼科専門医の処方が必要
コンタクトレンズの安売りや誇大広告に注意
コンタクトレンズ販売業界の新たな取組
リンク集

20歳の専門学生がネットで毎月10万円稼いでいる方法
円預金 金利






































































選ぶ・使うコンタクトレンズガイド All copyrights 2011 by 小田篤史
Google

当サイトは情報のみを提供するサイトです。当サイトの情報を基にしたことによる損失について、サイト管理者は一切関知致しません。