選ぶ・使うコンタクトレンズガイド 

知らないと危ないんですコンタクトレンズの使い方は!コンタクトレンズがあなたの目を傷つけていませんか?

サイトマップ

コンタクトレンズの販売許可の導入

現在、コンタクトレンズは眼科医療機関に関連した販売店、一般の薬局、量販店、インターネットによる通信販売など、様々な販売ルートが存在しています。



つまり、消費者は手軽にコンタクトレンズを入手できる一方で、医師免許を持たない無資格者による処方・販売が行われており、購入後のトラブルやコンタクトレンズによる眼障害が多発する原因の一つになっていました。

しかし、平成17年4月に薬事法が改正されたことで、コンタクトレンズ販売店は届出制から許可制に変わりました。

つまり、コンタクトレンズの販売にあたっては各都道府県知事に申請書を提出し、一定の基準を満たさなければ販売することが認められないものになりました。

この改定によって、コンタクトレンズの販売における規制を強化することで消費者が適切にコンタクトレンズを購入することを目指そうとするものです。


【改正薬事法によるコンタクトレンズ販売の許可制について】

コンタクトレンズ販売に関しては都道府県知事への申請が必要になります。

■許可申請(店舗ごと)

1 販売管理者の設置

・3年以上の販売経験と基礎講習の受講、または、上記と同等以上の知識・経験

2 基準に適合する構造設備

・適切な採光・照明・換気及び清潔であること

・居住場所との明確な区分

・衛生的で安全な貯蔵設備

■更新(6年ごと)

【店舗の管理】

法律に則した手順・実施記録(保存期間:6年間)

・仕入れ、販売/授与の記録

・品質確保

・販売管理者は毎年継続した研修

・従業員への教育研修

・苦情、改修、不良品処理など

メガネの真実【危ないレーシックやコンタクトの実態と本当のメガネの快適性を老舗メガネ屋・3代目が語る】
コンタクトレンズ
コンタクトレンズのトラブル急増
コンタクトレンズは高度管理医療機器
コンタクトレンズは身体の一部
コンタクトレンズ販売店の安心
はじめてコンタクトレンズ
コンタクトレンズのトラブル急増メリット・デメリット
正しい眼科の選び方
コンタクトレンズと目の関係
コンタクトレンズの種類と特徴
コンタクトレンズの歴史
メガネとコンタクトレンズ
屈折異常の矯正
コンタクトレンズの長所と短所
コンタクトレンズ装着
コンタクトレンズを使うなら正しい検査方法を
目は内蔵を映す鏡
目の働きと屈折異常
角膜の働き
コンタクトレンズが合う人合わない人
生活パターンに合せて選ぶコンタクトレンズ
カラーコンタクト
使い捨てコンタクトレンズの落とし穴
使い捨てコンタクトレンズのトラブル
コンタクトレンズの寿命
購入後のアフターケア
コンタクトレンズケアの手抜きは眼障害
定期交換型ソフトレンズ
専門医でコンタクトレンズの処方を受ける
適切なレンズケアを行う
無理なコンタクトレンズ装用を控える
水道水で目を洗わない
目薬の濫用を避ける
定期検査を受ける
コンタクトレンズは医療用具から高度管理医療機器へ
コンタクトレンズの販売許可の導入
コンタクトレンズの購入には眼科専門医の処方が必要
コンタクトレンズの安売りや誇大広告に注意
コンタクトレンズ販売業界の新たな取組
リンク集

20歳の専門学生がネットで毎月10万円稼いでいる方法
分割払い 金利



選ぶ・使うコンタクトレンズガイド All copyrights 2011 by 小田篤史
Google

当サイトは情報のみを提供するサイトです。当サイトの情報を基にしたことによる損失について、サイト管理者は一切関知致しません。