選ぶ・使うコンタクトレンズガイド 

知らないと危ないんですコンタクトレンズの使い方は!コンタクトレンズがあなたの目を傷つけていませんか?

サイトマップ

コンタクトレンズ販売業界の新たな取組

ディスカウント業者やインターネット通販専門の業者等を含めて、コンタクトレンズ販売業界は飽和状態を迎えつつあると言ってもよいでしょう。



しかし、平成17年4月の薬事法改正で新たな取り組みをする動きが生まれました。

その一つが「コンタクトレンズ」専門アドバイザーの育成と資格制度の設置へ向けた動きです。

一般的に眼鏡士の資格制度は知られていますが、コンタクトレンズに関してはこれまで専門的な資格制度が発足していません。

業界全体で販売技術に関するレベルアップと業界自体の底上げを図るために、資格制度の設置と技術力アップの講習会の開催などに向けた検討会議がすでに業界において始まっています。

また、一部の店舗ではすでにコンタクトレンズの販売経験・知識に応じて独自の有資格制度を導入しています。

顧客サービスに活用するために、キャリアスタッフを各店舗に数名配置している店舗もあるくらいです。

コンタクトレンズの処方や相談に関しては専門の眼科医からのアドバイスはもちろんのこと、眼科医とは別の視点から、患者さんのライフスタイルに応じてアドバイスが出来る専門的スタッフ制度を確立し、よりサービスのクオリティを高めることがコンタクトレンズ販売業界の急務と言えるでしょう。

さらに、お客様が常にベストの状態でコンタクトレンズを使える環境を作るために様々な医療機器も登場しています。

角膜内皮細胞の形状と数値を図る「スペキュラ―・マイクロスコープ」や角膜の形状を解析する「トポグラフィー」、あるいは、「ドライアイ予防の為の涙量調査」等、最先端の医療機器を各店舗に導入して、お客様の「目の状態を管理するシステム」を確立している店舗も見られます。

コンタクトレンズを使用するお客様の立場に立ったサービスの提供を目的に最先端の医療検査機器を使い、定期検査や来店時に気軽に利用できる環境整備が始まっています。

これこそが、コンタクトレンズを使用するお客様へ「自分の目の健康に対する注意を促し、正しいコンタクトレンズ使用方法を守ることへの道筋をつける」近道に他なりません。

コンタクトレンズの定期検診は、ただ単に目の健康が保たれているかチェックするためだけでなく、本当に正しくコンタクトレンズを使用できているかを確認するためにも利用できますので、積極的に活用するようにしましょう。

メガネの真実【危ないレーシックやコンタクトの実態と本当のメガネの快適性を老舗メガネ屋・3代目が語る】
コンタクトレンズ
コンタクトレンズのトラブル急増
コンタクトレンズは高度管理医療機器
コンタクトレンズは身体の一部
コンタクトレンズ販売店の安心
はじめてコンタクトレンズ
コンタクトレンズのトラブル急増メリット・デメリット
正しい眼科の選び方
コンタクトレンズと目の関係
コンタクトレンズの種類と特徴
コンタクトレンズの歴史
メガネとコンタクトレンズ
屈折異常の矯正
コンタクトレンズの長所と短所
コンタクトレンズ装着
コンタクトレンズを使うなら正しい検査方法を
目は内蔵を映す鏡
目の働きと屈折異常
角膜の働き
コンタクトレンズが合う人合わない人
生活パターンに合せて選ぶコンタクトレンズ
カラーコンタクト
使い捨てコンタクトレンズの落とし穴
使い捨てコンタクトレンズのトラブル
コンタクトレンズの寿命
購入後のアフターケア
コンタクトレンズケアの手抜きは眼障害
定期交換型ソフトレンズ
専門医でコンタクトレンズの処方を受ける
適切なレンズケアを行う
無理なコンタクトレンズ装用を控える
水道水で目を洗わない
目薬の濫用を避ける
定期検査を受ける
コンタクトレンズは医療用具から高度管理医療機器へ
コンタクトレンズの販売許可の導入
コンタクトレンズの購入には眼科専門医の処方が必要
コンタクトレンズの安売りや誇大広告に注意
コンタクトレンズ販売業界の新たな取組
リンク集

20歳の専門学生がネットで毎月10万円稼いでいる方法
金利 利率



選ぶ・使うコンタクトレンズガイド All copyrights 2011 by 小田篤史
Google

当サイトは情報のみを提供するサイトです。当サイトの情報を基にしたことによる損失について、サイト管理者は一切関知致しません。