選ぶ・使うコンタクトレンズガイド 

知らないと危ないんですコンタクトレンズの使い方は!コンタクトレンズがあなたの目を傷つけていませんか?

サイトマップ

はじめてコンタクトレンズ

自分の目にどんなコンタクトレンズが合うのか、初めて眼科を訪れて目の検査を受けることがコンタクトレンズのスタートです。



1目の検査→2レンズの説明→3レンズの処方→4購入→5購入レンズの確認、という順序が正しいのです。

目の検査によって処方されるレンズが決まり、購入するレンズが決まるわけです。

つまり、最初にメガネ店やコンタクトレンズ量販店を訪れて購入したいレンズを決定してしまうのは間違いです。

特に、初めてコンタクトレンズを作るお客様はテレビCMなどで流れているレンズメーカーやメガネ店、コンタクトレンズ量販店で購入を考えていることも多く、経験者の場合は、前回購入した店や割引セールを実施している量販店を訪れていることが多いようです。

あなたがコンタクトレンズ初心者の場合、販売スタッフが希望の種類やライフスタイル(1日に何時間くらいデスクワークを行うかなど)、几帳面な性格か否かなど、じっくりと話を聞きながらアドバイスを交えつつコンタクトレンズについて説明してくれます。

実際に購入が決まったらお店が提携している診療所で目の検査を受け、レンズの処方を受け、その処方箋を持って再びお店に戻り処方されたコンタクトレンズを購入します。

その後、購入したレンズを持って診療所に戻り、コンタクトレンズを実際に装着して自分の目に合っているか確認するのです。

これは面倒な手順に思えるかもしれません。

しかし、目の検査、コンタクトレンズの処方、装着指導は専門医にのみ許された医療行為です。

コンタクトレンズ量販店で購入する場合、必ずこの過程を経てから入手することをお勧めします。

また、経験者が前回の購入からそれほど時間が経っていない場合は目の検査もせずに、以前のデータをもとに販売するというケースも見受けられます。

これも大変危険です。

コンタクトレンズを装着することで目の状態は常に変化します。

仮に1週間しか経過していないとしても以前の状態からは大きく異なる場合もあります。

さらにハードコンタクトレンズの場合は、いずれのメーカーの製品も完成品には微妙なばらつきが生まれる為、厳密には全く同じレンズを手に入れることは不可能と言っても良いでしょう。

前回と違うレンズの場合はもちろんですが、同じレンズでも必ず眼科医から目の状態に合ったレンズの処方を受け、実際に装着した際の眼の状態を確認してもらうようにしましょう。

メガネの真実【危ないレーシックやコンタクトの実態と本当のメガネの快適性を老舗メガネ屋・3代目が語る】
コンタクトレンズ
コンタクトレンズのトラブル急増
コンタクトレンズは高度管理医療機器
コンタクトレンズは身体の一部
コンタクトレンズ販売店の安心
はじめてコンタクトレンズ
コンタクトレンズのトラブル急増メリット・デメリット
正しい眼科の選び方
コンタクトレンズと目の関係
コンタクトレンズの種類と特徴
コンタクトレンズの歴史
メガネとコンタクトレンズ
屈折異常の矯正
コンタクトレンズの長所と短所
コンタクトレンズ装着
コンタクトレンズを使うなら正しい検査方法を
目は内蔵を映す鏡
目の働きと屈折異常
角膜の働き
コンタクトレンズが合う人合わない人
生活パターンに合せて選ぶコンタクトレンズ
カラーコンタクト
使い捨てコンタクトレンズの落とし穴
使い捨てコンタクトレンズのトラブル
コンタクトレンズの寿命
購入後のアフターケア
コンタクトレンズケアの手抜きは眼障害
定期交換型ソフトレンズ
専門医でコンタクトレンズの処方を受ける
適切なレンズケアを行う
無理なコンタクトレンズ装用を控える
水道水で目を洗わない
目薬の濫用を避ける
定期検査を受ける
コンタクトレンズは医療用具から高度管理医療機器へ
コンタクトレンズの販売許可の導入
コンタクトレンズの購入には眼科専門医の処方が必要
コンタクトレンズの安売りや誇大広告に注意
コンタクトレンズ販売業界の新たな取組
リンク集

20歳の専門学生がネットで毎月10万円稼いでいる方法
変動金利 推移








選ぶ・使うコンタクトレンズガイド All copyrights 2011 by 小田篤史
Google

当サイトは情報のみを提供するサイトです。当サイトの情報を基にしたことによる損失について、サイト管理者は一切関知致しません。