選ぶ・使うコンタクトレンズガイド 

知らないと危ないんですコンタクトレンズの使い方は!コンタクトレンズがあなたの目を傷つけていませんか?

サイトマップ

コンタクトレンズと目の関係

コンタクトレンズやレンズケア用品の合う・合わないは目によって大きく異なります。



誰にでもフィットし、安全に使用できるコンタクトレンズは存在しません。

また、同じレンズケア商品でもレンズの汚れが落ちる場合と落ちない場合があります。

眼の状態は100人100様に異なっているのです。

医学的に見て総合的に眼の情報を分析し、その人にとって適切なレンズケア用品を処方し、適切なレンズケアを指導してくれる眼科医が必要です。

一方、レンズの種類、度数、直径、厚さ、フィッティング、カーブ、装着時間、年数、酸素を通す・通さない、涙の量などコンタクトレンズと眼の関係の良し悪しも人によってさまざまあります。

眼に合っていないものや汚れたもの、さらに酸素を通さないハードレンズなどは目に対する負担の大きさだけでなく、使用方法を誤れば怖い眼病の原因となります。

コンタクトレンズを装着する場合は一人ひとりの眼に最適な状態に合わせて負荷のかからないレンズを選び、装着時間にも気を配り、正しいレンズケアを行うことが大切です。

最近、コンタクトレンズの種類が増えたことで、数多くのレンズケア用品も販売されるようになりました。

しかし、一方ではコンタクトレンズに関する間違った情報も氾濫しているという事実も否めません。

例えば、使い捨てコンタクトレンズだから眼障害が起こらないというわけではありません。

眼障害が起こる数は減少傾向にありますが、だからと言って完全に無くなったわけではありません。

また、レンズケア用品に関しても間違った情報が錯綜しています。

「つけておくだけで綺麗になる」ほど、コンタクトレンズの汚れは簡単に落ちるものではありません。

実際、その通りに洗浄して、汚れが中途半端に落ちたレンズを使用し続けていた為に眼障害を起こしたケースも多くあります。

簡単にいえば、どのコンタクトレンズやレンズケア用品にもメリット・デメリットが存在し、CMやパンフレットでアピールされているメリットだけを鵜呑みにせず、きちんとデメリットも把握するようにしましょう。

眼に合わないコンタクトレンズ、便利なレンズケア用品への変更、これらは眼障害を引き起こす原因となります。

例えば、洗浄液とコンタクトレンズの適合性が挙げられます。

シリコンタイプのコンタクトレンズには過酸化水素タイプの洗浄液を使用しなければ眼障害を引き起こす可能性があります。

実際、使用者の希望によって眼に合わないはずのレンズを処方してしまう医師や、十分な説明もせずにレンズケア用品を販売してしまう店もありますから注意が必要です。

まして、街角のドラッグストアで自己判断によって購入することのないように気をつけてください。

知識の豊富なスタッフと相談できる店で選ぶようにしましょう。

メガネの真実【危ないレーシックやコンタクトの実態と本当のメガネの快適性を老舗メガネ屋・3代目が語る】
コンタクトレンズ
コンタクトレンズのトラブル急増
コンタクトレンズは高度管理医療機器
コンタクトレンズは身体の一部
コンタクトレンズ販売店の安心
はじめてコンタクトレンズ
コンタクトレンズのトラブル急増メリット・デメリット
正しい眼科の選び方
コンタクトレンズと目の関係
コンタクトレンズの種類と特徴
コンタクトレンズの歴史
メガネとコンタクトレンズ
屈折異常の矯正
コンタクトレンズの長所と短所
コンタクトレンズ装着
コンタクトレンズを使うなら正しい検査方法を
目は内蔵を映す鏡
目の働きと屈折異常
角膜の働き
コンタクトレンズが合う人合わない人
生活パターンに合せて選ぶコンタクトレンズ
カラーコンタクト
使い捨てコンタクトレンズの落とし穴
使い捨てコンタクトレンズのトラブル
コンタクトレンズの寿命
購入後のアフターケア
コンタクトレンズケアの手抜きは眼障害
定期交換型ソフトレンズ
専門医でコンタクトレンズの処方を受ける
適切なレンズケアを行う
無理なコンタクトレンズ装用を控える
水道水で目を洗わない
目薬の濫用を避ける
定期検査を受ける
コンタクトレンズは医療用具から高度管理医療機器へ
コンタクトレンズの販売許可の導入
コンタクトレンズの購入には眼科専門医の処方が必要
コンタクトレンズの安売りや誇大広告に注意
コンタクトレンズ販売業界の新たな取組
リンク集

20歳の専門学生がネットで毎月10万円稼いでいる方法
政策金利 推移



選ぶ・使うコンタクトレンズガイド All copyrights 2011 by 小田篤史
Google

当サイトは情報のみを提供するサイトです。当サイトの情報を基にしたことによる損失について、サイト管理者は一切関知致しません。